本研究(「日本オリジナルバレエの創造を目指した
石田種生と創作アイデンティティの研究」
研究代表者・稲田奈緒美)は、
科研費(25370118)の助成を受けたものです。
公開研究会
参加費無料・各回定員25名(先着順)
12月24日より受付開始
『石田種生が振り付けた50年に及ぶ《白鳥の湖》上演史
 ~日本人とバレエ、バレエ台本の言葉と身体との相克を通じて』
日時: 2014年1月13日(月・祝)11:00-16:00
会場: 江東区・総合区民センター 第2会議室
(江東区大島4-5-1都営新宿線・西大島駅直結)
【第一部】  11:00-13:00 
1)本研究の説明、及び、石田種生振付《白鳥の湖》上演史、
  特徴等の解説(稲田奈緒美)
2)《ダンサー、演出家、ミストレスの視点から語る、石田種生の振付の特色》
ゲストスピーカー:金井利久、吉沢真知子、山口智子、長谷川祐子、加藤浩子
(ゲストスピーカーはやむを得ず変更になる場合がございます)
司会(質問者):稲田奈緒美
【第二部】  14:00-16:00 
 1)《オデットと歴代のジークフリート王子たちが語る、石田種生の演出の変遷》
   ゲストスピーカー:安達悦子、本多実男、中島伸欣、黄凱
(ゲストスピーカーはやむを得ず変更になる場合がございます)
     司会(質問者):稲田奈緒美
お申込み メールまたは電話にてお申込み下さい。
メール→event@tokyocityballet.org   
℡→03-5638-2720(平日10:00-20:00)
■12月28日より1月5日までは年末年休業のため
電話はお受けできませんので、ご注意ください。
■定員になり次第、締め切らせて頂きます。
 明日からバレエ団の事務局はお休みなので
年始にお問い合わせください。
「白鳥の湖」の映像などは、いろんなカンパニーから出てますが
お話を聞く機会は少ないと思います。
私も実際知らないことばかり…
とても興味深い、研究会だと思いますので是非お越しください。
より面白く、バレエを観ることができると思いますよ♪