25日「クルミ」3日間公演が終了しました。
長かったかな…短かったかな…。
毎年、出演しながらも今年は特にいろんな事を
感じた舞台でした。
金平糖とクララの両役は大変だったけど。。。
 舞台という言葉に、様々な意味があるということ。
 踊るということ、耳を澄ますということ
 信じるということ…。
文才のない私には、すべてを文章にするのは難しいけれど
本当に、たくさん感じ思いました。
この3日間の感触を忘れないように、
これからの舞台に臨んでいきたいと思います。
 今回、観に来て下さった方々寒い中
 本当にありがとうございました。
終演後ダンサーがロビーにでて皆さんを、お見送りする。
というサービス?握手をしたり写真を撮ったり。
普段、その時のお客様と出会うことがなかったので
とてもうれしかったです。
面白かったのが、「ねずみの王様だ~」と言って
興味を示したものの、握手しようといたら
怖がられて、ママの後ろに隠れてしまった子がいたこと。
今後も、終演後なにが起こるか楽しみです。
それと、ティアラの方・シティフィル・福田先生とバレエ団
で一本締め&30分のミニ打ち上げが開催されました。
初めてだったけど、これからも公演の後にしたいな~
と思いました。本番のときしか触れ合うことがないので
提携してるから尚のこと、仲良くなりたいです!
今年も、残りわずかになりました。
怪我をしないよにリハーサルに取り組みたいと思います。