今日は、楽しみにしていたパパ・タラの日。
14時からだったので、13時に中野駅に待ち合わせ。
中野に降りたのは、久しぶりだった~相変わらずサンモールは、面白い。
スタジオパフォーマンスだから探すのに少し大変だった、風強いし。
住宅街の中をちょっと迷子になりながら、やっと発見。
まだまだ時間があったから、開場まで近辺でお茶して時間潰し。
いざ、スタジオに入ってみると、狭い狭い!!!踊れんの?って思った。
キャパは80位かな?
ぎゅっぎゅっ詰めに座って、さぁ~始まり始まり~~♪
 暗転の真暗転。。。。大丈夫かな~?
じんわり照明が入ったら、下手壁になにやら人間らしき物体。。。
テクテクテクと、上手から白井さち子さん(次女)登場。
あの、おかっぱが今どき新鮮!!!
壁にくっ付いた、あらた真生さん(長女)のお尻をソフトタッチで撫でてる~。
ウケル!!!って思ったとたん、スカートを上げ覗いてた!!シビれる~!!
ちょっとこの公演どこまで、エロいんだろ~と不安になった。。。。
けどバンバン踊って、関口満紀枝(三女)がシャンソンをカッコよく歌いだす。
彼女すごく背が高くて、最初はお下げで登場したのに髪を解くとセクシー。
歌も上手なんだけど、歌詞がおっかしいの!
「お姉ちゃん達みたいに、汚くないわ!」なんて言いながらも、臭いって♪
関口さんが歌い、歌詞に合わせて振りがあって、長女・次女が踊る。
バレエも呼吸があるけど、コンテの呼吸とは違うね~。
この三人は、パパ・タラのベテランらしく、さすが!!!!
呼吸がピッタリで、気持ち良かった。
息を吸ったり、いっせいに同じ方向を見たり。
動きもマックス早くて、身体がキクキク~~~~。
みんな踊って歌って。中でも、白井さんは一番踊ってたんじゃないかな。
そして脱ぎました、衣装!!
「女王様とお呼び!!!」みたいな衣装。キャァー。
この衣装になったら、長女のあらたさんもかわいいポニーテールから
セクシーなのに、それぞれのポーズがマッチョのポーズ。
いろんなところに、笑い処があって飽きなかった。
なにせ、ダンサーの身体がキクんだもん!
途中で、フェッテが入ってたり、、、
床技ジャーンプ!!!ってのが早くて、すごーいって思った。
 今回、初パパ・タラフマラでした。
終演後、演出家の小池博史さんと、パパ・タラ松島誠さんのトークショーがありました。
パパ・タラを設立して、丸24年になるそうです。
この「三人姉妹」は去年からやってるそうですが、カナダ・ブラジル・ポーランドetc…
50~60stくらい上演されてる作品だそうです。
その中で、「一番静かなお客さんは、日本人だ。」と言ってました。
だろ~ね。と思いながらも、今回の公演楽しませてもらいました♪
2006年9月7~12日に新作公演、「僕の青空」があるそうです。
もしかしたら、10月に「三人姉妹」が入るかも?って言ってましたよ~。
もう一回、観たいなぁ~。初めてだったから目が泳ぎました~。
また違った、楽しみ方が味わえるかも!!