今日は、暖かな日でしたね~。
でも明日からまた天気が悪くなる予報。
あ~なんだか、スッキリ春♪って感じがないですね~。
 
 はいはい、今日は『ライモンダ』のお薦め!!
グラズノフの音楽は、よく耳にします。四季を…。
バレエ曲も、レッスンCDに入ってます。ライモンダが…。
上演は、あまりされてない気がする?
今回踊るまで、真面目にこのストーリーを知らなかった私。
1幕のライモンダのVaは、昔ローザンヌコンクールでよく見てたっけ。
3幕のブレ~~の嵐Va。
これって意外に大変なんですよ。
 「ライモンダ」3幕より グラン・パ・クラシック
再振付:安達悦子(M.プティパによる) 音楽:A.グラズノフ
指導:加藤浩子
騎士ジャン・ド・ブリエンヌと婚約している美女ライモンダは、
ジャンの十字軍遠征中に、サラセンの王子アブデラフマンから
熱烈な求愛を受ける。
帰還したジャンはアブデラフマンと決闘の末、
ハンガリー王アンドレ2世の前でライモンダと華々しく結婚式を挙げる。
DVC00013.jpg
 今回、初めて安達さんが再振付をしながら関わっていますが
なるほど~と思うことを教えてくれて、勉強になり
楽しく、リハーサルをしています。
そして「パ・キータ」のようにいくつがVaが入っていて
男性のVaも、見ごたえがあったり…
なんと言っても、若い子が頑張っています!!!
初めてソロを踊る子がいて、個人的にとても嬉しい♪
 『ライモンダ』に限らず、今回のラフィネは
作品ごとに、若い子たちの活躍ぶりが目立ちます。
とても素晴らしいことです!!!!
どう?見に来たくなったでしょ?(ププッ)
雨の多い日々、本番の日は晴れますように…。